これが96才のおばあちゃんのセンスなのかっ! 映画に出てきそうなインテリアに驚愕です。

なんでもカナダのトロントで売りに出されててタイムカプセルホームと呼ばれ話題になっていた物件のようなんですけど、その売り主が何とっ!96才(2014年当時)のおばあちゃんっていうですから2度ビックリ!

おばあちゃんが24才の時に移り住んだようで、ずっと美しくも素敵な家をキープしていたんですって。

以下の画像にあるように素敵な調度品に加えミントグリーンと白を基調したインテリアは素敵!と思わせるには充分すぎます。

以下、売りに出されていた家の室内です。

センス抜群! おしゃれなインテリアにする為の見本

まずは外観。何の変哲もない外観ですが。。。
タイムカプセルホーム01

玄関

鮮やかなミントグリーン系の色でダマスク模様と素敵な調度品でお出迎え。
タイムカプセルホーム02

リビングルーム

ちょっと落ち着いたミントグリーンのクロスに白いモール(巾木)が似合います。そしてピンクのソファーはグラデーションを効かせて落ち着いたピンクと鮮やかなピンクでいやらしさのない雰囲気に仕上がっていますね。
タイムカプセルホーム03
タイムカプセルホーム04
タイムカプセルホーム05

ダイニングルーム

ミントグリーンとピンクをメインに使いつつ木目のテーブルを合わすのって難しいと思うんですけどいい感じの雰囲気で食事の際にはゆっくりと寛ぎながら会話が弾みそう。
タイムカプセルホーム06
タイムカプセルホーム07

キッチン

ピンクのキッチンなんて日本じゃそうそう見ることができないカラーリングではありますけど、この雰囲気だったら料理が嫌いな奥さんでもなんだか楽しい気分で料理をすることができるかもしれませんね。
タイムカプセルホーム08

ティールーム

朝食用のスペースとでもいうんでしょうか?
日本ですと、あまり見かけないスペースですけど、こういう場所で朝食やティータイムの時間を過ごすことで、なにか凄い発想が生まれてきそうな気がしないでもありません。
タイムカプセルホーム09

ゲストルーム?ベッドルーム?

いやらしくない程度のパープル使いはいいんですけど、なんだかベッドルームまでピンクってのは、個人的にはちょっと…って感じではありますが、インテリア全般を揃えているようなので、それはそれでアリ!?なのかな。
タイムカプセルホーム10
タイムカプセルホーム11

バスルーム

個人的に海外の住宅事情で一番受け入れがたいものの1つとしてトイレとバスルームが一緒になっていることなんですが、欧米の人って匂いとか気にしないのかな? こうやって写真でみると格好良いんですけどねw
タイムカプセルホーム12

地下にはバーラウンジ

なんだか地下室っていうと、ドロドロしたイメージがしてしまいがちですが、こういう風にバーラウンジになっていたら素敵ですね。ちょっと大きな声を出しても地下ってことで上に音が響きそうもないので。
タイムカプセルホーム13
タイムカプセルホーム14

http://www.hgtv.ca/photos/gallery/?gid=6de87f25228a34488b5868fba7132c55

いかがでしたでしょうか?
我が家も自分達でリフォームした際には、ミントグリーンのクロスやらモールを白に塗りまくったりダマスク模様のクロスも取り入れたりしましたが、ここまでのセンスの良さを出すことができませんでした。

我が家をリフォームする前に、この室内を見ていたならば、もうちょっとおしゃれにリフォームできたのにな、なんて思うこと小一時間。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る