こんなハズじゃなかった、と嘆く前に業界の利益のカラクリを知っておこう

新築マンションをすでに購入した方の中には「こんなハズじゃなかった!」なんていう嘆きの声をあげてしまった人もいるのではないかな?と。

そこで今回は新築マンションの利益のカラクリを書くことで何で?こんなことになってしまったのか、なんていうことを書いてみたいと思います。

もうすでにご存知のことかと思いますが、新築マンションというのは一般的な販売方法として青田売りとなりますので購入者にとっては実際の物件を見て落胆する人が少なくないと思います。

青田売りとは?
モデルルームを見学してもらい実際の物件が完成する前に販売する方法。

この青田売り、販売側としては売れ残りのリスクが減るために歓迎されている販売方法ですが、反面、購入者にとってはオプションばかりのモデルルームしか見ていなかったため、内覧会にて完成した物件を見て、一気に現実へと引き戻されてしまうもの。

一般的なファミリータイプのマンションでは、3,000万円を超える買い物であるにもかかわらず、実際にマンションに住み始めるまで不安要素が多いのが実情だったりします。

もちろん!そんな不安要素も何事もなければ一番いいのですが、以下に紹介するような怖いケースもあったりするんですよね。

事例紹介

きっかけは東日本大震災。

あの大きな震災で建物が大きく揺れ、壁面に複数のひび割れが生じてしまった。そして雨漏り被害も続出するようになってしまったので、調査会社に依頼しマンションの検査をしてもらおうとバルコニーの壁のタイルを剥がすと、何と!でてきたのは発泡スチロールや木枠、網、等々…。

参考:大京、構造欠陥で異例の建て替え 川崎のマンション

このマンションで明らかになったのは、柱の鉄筋が設計図より不足しているなど、マンション全体の構造に関わる構造欠陥だったんですね。怖い。

恐らく、発泡スチロールや木材はコンクリートを流し込むための型枠に使ったものが残ったっていうことなんでしょうね。もう明らかに悪質な手抜き工事だったわけです。

その後、欠陥を目の当たりにした住民たちは業者を追求し、当然のことながら住民たちは一致団結した中でデベロッパー側と協議をすることになったわけです。

そして、マンションを販売したデベロッパーと建築をした企業が建て替え費用の約16億6,000万円と引越し代などを払うことで合意することになり現在では、マンションの建て替えが完了しています。

デベロッパーとは?
マンションを実際に建設する施工主のことをいいます。土地を仕入れ、建設会社(ゼネコン)にマンション建設を発注し、マンションの販売は販売会社に外注することで利益を得る構造になっています。

幸い、上記の例ではデベロッパーが大手だったために合意まで辿りつけましたけど、これが

  • 大手のデベロッパーではなかったら
  • すでに倒産してしまったデベロッパーだったら

なんて考えるととても恐ろしい話ですよね。

倒産しそうなデベロッパーであってもそこそこ名の知れたゼネコンと販売会社を使えば、一流っぽいマンションにみせかけることもできたりしますから要注意です。

丸投げの業界構造

さて、ここで疑問が1つ。

上記の事例では大手のデベロッパーだったにも関わらず、何故こういうことが起こってしまったんでしょうか?

先ほどの事例でいえば、明らかになったのが建設業者の丸投げが行われていたということなんですね。デベロッパーから施工を請け負った建設業は、実際には別の建設業者に工事を一括で外注していたということなんです。

つまり、マンションはデベロッパーが建設業者に発注して工事が行われるわけですが、その工事は、デベロッパーが発注した業者ではなくて別の建設業者に丸投げをするっていうことなんです。

ただ現在、建設工事を一括して下請けに出す、いわゆる”丸投げ”は2006年の建設業法改正で全面禁止されています。

とはいえ、それ以前に建設されたマンションもあるわけですし、業界の体質的な問題もあって完全になくなったとは言いがたいのが現状ではないでしょうか?

ちょっと業界全体の良心みたいなものはどこに行ってしまったんだろう?なんていう思いもありますが、こういうことは個人ではどうにもなりません。

ただ

現実的な危険がなくても、放置すればいずれ生命、身体への危険が現実化する欠陥があれば、不法行為による賠償責任を負う。

という裁判での判決がでてからは、最高裁のこの判断が購入者側の視点に立った判断であったという評価がされましたので、今後はマンション業者も、今までよりもっと欠陥についての意識を変えざる負えなくなってくるはずです。

まとめ

こんなことを書いてしまうと新築マンションであっても安心してマンション購入に踏み切れない、と言われそうですが基本的にワタクシはマンション購入派であり実際に所有もしております。

ただ、やっぱり大手デベロッパーの物件、というか資金力に問題のないデベを選んだ方が少しは安心材料が増えるのではないでしょうか?

それでは、皆さん良き住宅選びを!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る