地名が教える新築を襲う水害の恐怖

結婚もして子供ができ、賃貸暮らしとも今年こそオサラバ!という人も結構多いんじゃないかな?と思いますが、マイホームは一生に一度の買い物だから後悔したくないもの。

  • 日当たりも良好
  • 信頼できる設計事務所
  • 交通の利便性も抜群

こんだけの条件が揃えば言うことなし!なんて思われている方がいらっしゃっても不思議ではありませんが、近年の気候変動に伴い増加しているゲリラ豪雨により氾濫が予想されるエリアに住まないということも1つの選択肢に入れておいたほうがいいかもしれません。

では、どうやってゲリラ豪雨による氾濫が予想されるエリアを見分ければいいのか?ってことになるわけですが、それらを今回は書いてみたいと思います。

洪水・浸水ハザードマップ

まずは各市区町村で発行しているハザードマップをチェックすることから始めるわけですが、
この『洪水・浸水ハザードマップ』にはどんなことが記載されているのかというと。

『洪水ハザードマップ』には、国土交通省が作成した浸水想定区域図をもとに浸水予想区域、浸水の深さが記載されており、『浸水ハザードマップ』には、過去10年のその地域の浸水被害がマッピングされているもの。

こういったハザードマップをチェックすることにより過去10年程度のその地域の水害の危険性といったものが把握できる。

[aside type=”warning”]

ただし、過去に水害被害があったからといって必ず危険というわけではなく、逆に土地改良やなんらかの対策が行われたことにより水害の危険度が下がっている場合もあります。

[/aside]

最近の日本の現状をみてるとゲリラ豪雨による床上浸水や震災による液状化など思わぬ水害に見舞われるといったケースもありますし、他の災害であればそのエリア一帯が被害地域になりますけど水害の場合、ある一定の土地だけが深刻な被害を受けるといったことにもなりますのでチェックしておくのにこしたことはありませんよね。

「でも私の場合はマンションだから大丈夫」な~んて思っている方もいたりするかもですが、一時期、急増した地下付きマンションの場合、雨水が流れこむトラブルが起こったり、ゲリラ豪雨によって下水が逆流するなどして地下が水浸しになったりしたら、その物件は地下の部屋どころかマンション全体の価値が下がってしまう傾向にありますから要注意です。

また、液状化被害のおそれのある地域ですと、液状化ハザードマップが用意されている場合もあるんですが、心配症の方や徹底的に調べてみたい方などは、その地域の中心的な図書館などで見ることが出来る明治期からの古地図や最近までの住宅地図まで取り揃えていたりするので閲覧してみたり、といったこともいいかもしれません。

東京であれば、畑、田園、沼
また、東日本大震災で液状化現象を起こした新浦安のように昔は海だったエリアもわかることかと思います。もし、検討している土地が田園、沼、海といったようなエリアであれば液状化への備えや対策といったものが必要になってくるのは言うまでもありません。

地名から分かる水害を判断

上記のようにハザードマップから自分の検討している土地などの水害リスクを把握しておく方法がオーソドックスではありますが、もう1つ自分でチェックできる方法が『地名から判断』すること。

以前、どこかの深夜番組だかでやっていたような記憶もありますが、地名の漢字に注意することでおおよその検討がつくというもの。

例えば、○沢、○沼、○池というような地名になるんですが、これらは『さんずい』が使われている漢字であって、その地域は以前、沼だったり沢だったりした可能性が高く、過去に水が出やすかったこともありうるというわけです。

また、土地の由来を表すような地名も注意が必要で、○田、○川などは、以前、田園であったり川岸であったりした可能性が高いということなんです。今パッと思いつくのは渋谷とか世田谷といったあたりでしょうか。

このエリアも『浸水ハザードマップ』を見たりすると過去10年位内に浸水被害を受けていることが分かります。

ベストな土地はどこか?

では、こういった水害に関することを読んでしまうと、恐ろしい気持ちになってきてしまいがちなので最後に今までの逆、つまりどういったエリアが一番いいのか?ということも書いておきますね。

まずは当たり前ですが地盤がしっかりしている土地ということになりますが、震災以降、特に注目されているエリアは武蔵野台地などの高台のエリアということになります。

さらにこういったエリアの近くに神社やカイズカなどの遺跡があったりすると高ポイントかもしれません。

それというのも、神社や遺跡があったということは、数百年、数千年前から、その地域が住みやすい環境だったということを表してるからなんです。

とはいっても、神社や遺跡は川に近いところに位置していたりするケースも考えられるのもでケースバイケースによりますけどね。

まっ、色々と水害に関してのことを書きましたが、本当にベストの土地なんていうものは、そうそう売りに出ているものではなかったりしますし、もし運良くそういう土地にに巡り会えたとしても高額のケースが多々ありますんで程々に、という感じになりますでしょうかねw

実際問題、アレコレと調べたり考えたりしてると、その過程でマイホームを購入する意欲もなくなってしまうかもしれませんので、くれぐれも頭でっかちになりすぎない範囲でマイホーム探しに役立ててくださいませ。

それでは、皆さん良きマイホーム選びを!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る