ダリの「柔らかい時計」が実在?! ぐんにゃり時を刻みます

こちらの画像、言わずと知れたダリの作品「柔らかい時計」ですが、これを再現しちゃった時計がいくつか売られているってご存知でした?

こちらは直角の場所に置いて使うことが可能なタイプ。釘などで固定しなくてすむのが嬉しいですね。(約110mm×130mm×H180mm)

▼ 正面から見るとこんなカンジです。

▼ こちらは高知県立美術館のミュージアムショップで販売されているダリ風クロック(シルバー)。

▼ 横から見るとこんなカンジ。

ステキなんだけど、どこにどのように置けばいいのでしょう。ちょっと場所を選ぶ時計ですよね。

他にも“ダリ風時計”で検索すると腕時計も含め、様々な歪んだ時計が発見できますよ。使い方、魅せ方はあなた次第!あなたの一番のお気に入りの「流れる時計」を見つけてみては?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る